名古屋市では、地域の居住環境の改善と防災性の向上を図るために、木造住宅密集地域における3つの助成制度を設けています。その対象地域が、令和3年度から拡大しました。

 

対象地域に老朽化した木造住宅を所有されている方、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

 

<対象エリア>

北区:大杉・杉村

中村区:米野 中村 日比津

瑞穂区:御劔 大喜

中川区:下之一色 戸田

南区:呼続 桜・笠寺・本星崎

守山区:鳥羽見・廿軒家

 

<助成制度の種類>

①老朽木造住宅の除却

対象:昭和56年(1981年)5月31日以前に着工した居住用として使用している木造住宅の除却

助成額:対象住宅の「除去費用」、「延床面積×9,600円/㎡」のうち低い額の1/3(上限40万円)

 

②ブロック塀などの撤去

対象:道路に面する高さ1メートル以上のブロック塀などの撤去

助成額:「撤去費用の3/4」、「撤去延長×9,000円/m」、「15万円」のうち低い額

 

③生活こみちの整備促進

対象:狭あい道路沿いの立て替えなどで生じる後退用地を一般に通行できる通路として整備

助成額:整備助成金5,400円/㎡ 通路使用奨励金3,000円/㎡ 量水器移設助成金83,500円/件など

 

★お気軽にお問い合わせください★

東海リバティ株式会社

電話:052-933-4811

メール:info@tokailiberty.co.jp

LINE:@159jwkos