住居専用地域にある「空き店舗」「空き家」「空き地」を シェアハウスに活用することが可能に

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機とするシェアオフィスやテレワークスペース等へのニーズが高まっているものの、現行の建築基準法では、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域に、原則、事務所hellip;

国交省が、単身高齢者死亡後の契約解除・残置物の処理等に関するモデル契約条項を策定

単身高齢者と賃貸借契約を結ぶ場合、亡くなった後の契約解除の問題や、残置物の処理の不安から、賃貸人が高齢者に住宅を貸すことを躊躇することが問題とされてきました。 そこで、このような不安感を払しょくし、単身高齢者の居住の安定hellip;

「事故物件」の告知について初めてガイドラインが公表されました

今月、国土交通省が、過去に殺人や自殺などが起きた不動産、「事故物件」について、宅地建物取引業者が契約者に告知すべきかどうかをまとめたガイドラインを公表しました。 事故物件とは、不動産の契約締結にあたって、買う側、借りる側hellip;

令和2年度の税制改正により 未利用地(空き地・空き家)を譲渡した場合に、長期譲渡所得から100万円を控除できます!

人口減少により利用ニーズが低下する土地が増加する中で、空き地・空き家の譲渡を促進して、適切な利用を促すことを目的としています。 適用は、令和4年12月31日までとなります。 控除をうけるための主な要件 (1) 譲渡価格がhellip;

2020年4月1日民法改正で、配偶者が相続開始後も自宅に住み続けることができるようになります

「配偶者居住権を長期的に保護するための方策」 従来、自宅はあるけれども、ほかには現金などのめぼしい相続財産がないというケースでは、他の相続人に対する代償金を支払うための現金や預貯金がないために、配偶者が自宅を相続することhellip;