【国交省が、単身高齢者死亡後の契約解除・残置物の処理等に関するモデル契約条項を策定】

単身高齢者と賃貸借契約を結ぶ場合、亡くなった後の契約解除の問題や、残置物の処理の不安から、賃貸人が高齢者に住宅を貸すことを躊躇することが問題とされてきました。 そこで、このような不安感を払しょくし、単身高齢者の居住の安定hellip;